トップページへ PODについて 認定マーク 入会お申込み 協会案内
協会会員企業
お問合せ

PODについて


主に1杯分のコーヒーを、最適な挽き具合でフィルターペーパーに詰めたのが、カフェポッドです。
カフェポッドの使用には、カフェポッドに対応したマシンや器具が必要ですが、このカフェポッドの規格が共通なことから、さまざまなメーカーのマシンや器具で、さまざまなブランドのカフェポッドを使用することができます。

共通規格のカフェポッドですが、レギュラーコーヒー用と、エスプレッソ用に大きく分けて2つの規格が存在し、それぞれが、共通のサイズとなっています。

 
レギュラーコーヒーマシン用は、コーヒー部分の直径が約60mmのタイプで、対応したマシンや器具があれば、簡単にレギュラーコーヒーを抽出することが可能です。

 
エスプレッソマシン用は、コーヒー部分の直径が約44mmとなっています。
同様に、対応したエスプレッソマシンで、誰でも、簡単にエスプレッソを抽出することが可能になっています。

※ ESEカフェポッド
「Easy Serving Espresso」の名で、規格開発されたエスプレッソマシン用のカフェポッドです。
直径44mmのタイプを指しますが、商標上の問題で、すべての44mmカフェポッドが「ESE」の名称を使用しているわけではありません。
ただし、44mmと表記されるカフェポッドと同一の規格となります。

 1.誰でも手軽に美味しく淹れられる。
専門知識の必要なメッシュ合わせ・プレスが行われているので
簡単に本格コーヒーが楽しめます。

 2.色々な味が簡単に楽しめる。
カフェポッドの規格はオープンの共通規格なので、カフェポッドを変えるだけで
色々な味を簡単にお楽しみいただけます。
 
 3.個別包装で鮮度が保たれ、味が劣化しにくい。
1杯分づつ窒素充填パックされているので、封を開けるたびに
新鮮なコーヒーをお楽しみいただけます。

 4.後片付けが簡単。
飲んだ後はフィルターペーパーのまま捨てることができるので
粉が飛び散らず後片付けも簡単です。

 5.飲む分だけ淹れるので無駄が少ない。
カフェポッド1個で1杯分なので、必要な杯数以上に抽出ことがなく
無駄がありません。